法人破産に強い弁護士に無料相談【東京・神奈川・埼玉・千葉】
安心と信頼のリーガルネットワーク弁護士法人泉総合法律事務所法人破産
0120-759-132
【電話受付】平日9:30〜21:00/土日祝9:30〜19:00
お問い合わせ
(365日24時間受付中)
新型コロナウイルス対策における
Zoomや電話での法律相談実施について

その他法人破産全般に関するよくある質問

Q

法人が破産すると、滞納している税金はどうなりますか?

A
税金や社会保険料などの公租公課は、通常の債権よりも優先して弁済されます。
破産手続開始前の原因に基づいて生じた租税等の請求権であって、破産手続開始当時、まだ納期限の到来していないもの又は納期限から1年を経過していないものは財団債権として扱われ、破産債権よりも優先して弁済されます。
財団債権となるもの及び劣後的破産債権に該当するもの以外の租税等の請求権は,優先的破産債権として扱われ、財団債権の全額が弁済がされた後に残りがあれば弁済されます。

それでも全てを弁済できなかった場合、法人が破産すると、法人格が消滅するため、税金を払う必要はなくなります。代表者とは別人格であるため、代表者が代わりに支払う義務を負うこともありません。
[質問 57]
関連するよくある質問
28 32
【電話受付】平日9:30〜21:00 / 土日祝9:30〜19:00