債権回収に強い弁護士に無料相談【東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪】
安心と信頼のリーガルネットワーク弁護士法人泉総合法律事務所債権回収
0120-627-017
【電話受付】平日9:00〜21:00/土日祝9:00〜19:00
お問い合わせ
(365日24時間受付中)

請求・督促に関するよくある質問

Q

取引先から支払延期の要請があった場合に気を付けることはありますか?

A

取引先から支払延期の要請があった場合、取引先の資金調達は困難になっていると考えられます。

債権者としては、

  • ・要請を受け入れるか
  • ・要請を拒否するか

のいずれかを選択しなければなりませんが、要請を拒否した場合には、最終的に法的手続により債権回収を図らなければならなくなる可能性が高まります。

しかし、要請を拒否された取引先が、最終的に破産等の法的整理手続を選択した場合、法的手続による債権回収は不可能となります。

そこで、取引先に一定の返済能力または資産があると見込まれる場合には、条件次第で支払延期要請を受け入れた方が、法的整理を回避しつつ債権回収を図ることができるケースもあります。

[質問 19]
関連するよくある質問
38 41
【電話受付】平日9:00〜21:00 / 土日祝9:00〜19:00